横浜で司法書士をお探しなら播司法書士事務所へ

横浜市中区元町4-167 播ビル2階

 [元町中華街駅・石川町駅からそれぞれ徒歩5分]

         お問い合わせ         

045-662-0828

受付時間:月〜金曜日 9:00-18:00

なお、平日18時以降・土曜日もご相談を受け付けております。

遺言書で指定できる事柄

遺言書で指定できる事柄

ご自身の希望にそった遺産相続ができるように生前に作成するのが遺言書です。しかし、遺言書で指定できる事柄は、法律によって定められている事項のみです。

したがって、形式的に有効である遺言書であっても全てにおいて法的効力があるわけではありません。その遺言書において指定できる事柄は以下の通りです。

相続に関する事柄

遺言書では遺産相続に関する事柄を指定することが可能です。

相続分の指定及び指定の委託

相続の配分は法律に従った相続配分がありますが、その配分を遺言書で変更することができます。

遺産分割方法の指定及び指定の委託、遺産分割の禁止

特定の相続人を指定し、遺産の分割方法や相続分を指定することができます。また、遺産分割が困難な場合や推定相続人に未成年者がいる場合は、相続開始から5年以内に限り遺産分割を禁止することも可能です。

遺贈

原則として遺産は法定相続人が譲り受けますが、遺言書で遺贈に関する事柄を指定することで、相続人以外の方でも財産が受け取れます。その他にも、特別受益の持ち戻しの免除や遺留分減殺方法の指定、財団法人の設立、信託の設定、相続人相互間の担保責任についての指定なども遺言書で指定できる事項です。

身分に関する事柄

認知を行っていない子がいる場合は、通常ですと生前に認知を行うことが原則とされていますが、遺言書にて認知することも法律上効力があります。また、未成年後見人の指定及び未成年後見監督人の指定・推定相続人の廃除などの事柄も遺言書で指定できます。

遺言執行に関する事柄

遺言執行に関する事柄

遺言書で指定した事柄を執行するのは相続人となります。しかし、相続人に対して不利益な内容であった場合、遺言書通りに相続を行ってもらえないことも考えられます。

そこで、きちんと遺言書にて指定された事柄を執行してもらうために、執行者を指定することができます。遺言書作成の際には、上記を参考にして下さい。

遺言書を作成する際には手軽な自筆証書遺言での作成が多いのですが、書き方によっては無効になってしまうこともあります。だからこそ、確実性を求めるために、証人を立て作成する公正証書遺言をおすすめします。そのためのご相談は司法書士事務所でも可能です。

横浜市の司法書士事務所「播司法書士事務所」では、遺言書作成など相続に関するご相談を受け付けております。初めて司法書士事務所をご利用になる方にもご安心いただけるように誠意を持って対応させていただきます。ご相談にかかる費用は無料なのでお気軽にお問い合わせ下さい。

横浜の司法書士に会社登記や相続相談をするなら【播司法書士事務所】 概要

名称 播司法書士事務所
所在地 〒231-0861 横浜市中区元町四丁目167番地 播ビル2階
電話番号 045-662-0828
FAX 045-663-0803
メールアドレス hari-office@sky.plala.or.jp
URL http://www.hari-office.jp/
業務内容 相続・遺産整理、遺言作成・遺言執行、会社登記、不動産名義変更など
説明 横浜の司法書士事務所『播司法書士事務所』では、遺産整理、遺言作成、遺言執行などの相続相談や会社設立、個人事業主の法人登記など会社登記全般などの様々なご相談を承っております。良心的な費用で対応致しておりますのでお見積もりなどはお気軽にお問い合わせください。また初回無料相談もございます。メールでのお問い合わせは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

横浜の司法書士が教えるお役立ちコラム