横浜で司法書士をお探しなら播司法書士事務所へ

横浜市中区元町4-167 播ビル2階

 [元町中華街駅・石川町駅からそれぞれ徒歩5分]

         お問い合わせ         

045-662-0828

受付時間:月〜金曜日 9:00-18:00

なお、平日18時以降・土曜日もご相談を受け付けております。

相続対策として生前贈与を行う際の注意点

トップページ » 横浜の司法書士が教えるお役立ちコラム » 相続対策として生前贈与を行う際の注意点

産名義変更がスムーズに行える

相続対策の一環として「生前贈与」を行う方は少なくありませんが、生前贈与に関する間違った認識や誤解等により、失敗してしまうケースがあります。

相続対策として生前贈与をお考えなら、予備知識を身につけた上で、専門家と共に方向性を決定してはいかがでしょう。
ここでは、生前贈与における注意点についてご紹介いたしますので、予備知識のひとつとしてご参照下さい。

贈与が「贈与にならない」ケースに注意!

被相続人が生前に贈与をしたつもりでも、贈与として認められないケースがあります。例えば、被相続人が子や孫名義の預金通帳を作り、その口座に入金して管理していた場合には、贈与にはなりません。そもそも贈与とは契約の一種であるため、「譲ります」「受け取ります」などの双方の意思が合致して初めて成立します。

上記のケースでは、民法における贈与の条件を満たしていないため、贈与にはならないのです。生前贈与を行う際は、贈与の意思を明確にすることはもちろん、贈与契約書を作成し、外面的にも「贈与があったこと」を明確にしておく必要があります。

「特別受益」という制度に注意!

特別受益とは、被相続人による生前贈与または遺贈等により、何らかの特別な財産を受けた相続人の財産も、相続財産に含めるというものです。相続には「特別受益」だけでなく「寄与分」などの制度がありますが、これらは「相続における平等性」を保つために設けられています。生前贈与や遺贈を有効に活用するためには、特別受益という制度を理解した上で、「特別受益にあたらない」ための対策を打たなければなりません。

贈与税に注意!

贈与税に注意!

相続税対策においては「相続税」の制度について理解する必要がありますが、贈与を行う際にも「贈与税」の制度について理解する必要があります。

贈与税には暦年課税制度により年間110万円の基礎控除が設けられているほか、配偶者特別控除や相続時精算課税制度なども設けられているため、上手く贈与を活用するためには、それぞれの制度について理解しておかなければなりません。

各制度に関する深い知識を持つ司法書士にご相談いただければ、お客様の現状に合わせた適切なアドバイスを受けることができます。相続対策の一環として生前贈与をお考えなら、ぜひ司法書士へご相談下さい。

横浜中区にある播司法書士事務所では、相続や遺言に関するご相談のほか、不動産相続・売買時の名義変更登記に関するご相談を承っております。特別縁故者による財産分与制度など、各制度に関する疑問がある方や、相続手続きのサポートをご希望の方、司法書士と共に遺言書を作成したいという方は、ぜひご相談下さい。

横浜の司法書士に会社登記や相続相談をするなら【播司法書士事務所】 概要

名称 播司法書士事務所
所在地 〒231-0861 横浜市中区元町四丁目167番地 播ビル2階
電話番号 045-662-0828
FAX 045-663-0803
メールアドレス hari-office@sky.plala.or.jp
URL http://www.hari-office.jp/
業務内容 相続・遺産整理、遺言作成・遺言執行、会社登記、不動産名義変更など
説明 横浜の司法書士事務所『播司法書士事務所』では、遺産整理、遺言作成、遺言執行などの相続相談や会社設立、個人事業主の法人登記など会社登記全般などの様々なご相談を承っております。良心的な費用で対応致しておりますのでお見積もりなどはお気軽にお問い合わせください。また初回無料相談もございます。メールでのお問い合わせは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

横浜の司法書士が教えるお役立ちコラム