横浜で司法書士をお探しなら播司法書士事務所へ

横浜市中区元町4-167 播ビル2階

 [元町中華街駅・石川町駅からそれぞれ徒歩5分]

         お問い合わせ         

045-662-0828

受付時間:月〜金曜日 9:00-18:00

なお、平日18時以降・土曜日もご相談を受け付けております。

横浜で相続放棄などの相続相談なら【播司法書士事務所】へ。

相続放棄手続のご依頼について

当事務所ではご依頼者様にご安心いただけるサービスを心掛けております。

専門家である司法書士が親切に対応いたします。

相続放棄の専門家である司法書士が親切にわかりやすい言葉で直接対応し、慣れない手続きに関する不安を和らげます。

ご依頼までの流れについては、相続放棄手続の流れをご覧ください。

はっきりとした相続放棄費用

 申立手続きに必要な実費や司法書士手数料を相続放棄費用ページで明示しています。

一度のご来所でOK

 ご依頼の際は一度ご来所をいただきますが、後は当事務所で手続きを代行いたしますので、お忙しい中何度も事務所へご来所いただくことはありません。ご連絡は郵送、お電話、メール等で随時させていただきます。 どうしてもご来所が難しい場合は、ご相談いただければ対応させていただきます。 

3ヶ月経過後の相続放棄のご相談も可能です

 相続放棄は相続開始から3ヶ月以内に手続をすることが原則です。しかし、3ヶ月を経過してしまったら申立てが絶対に認められない訳ではありませんので、あきらめないでご相談下さい。3ヶ月経過後の相続放棄のご相談こちらです。
専門家である司法書士が親切に対応します。

相続放棄をご検討中の方へ

 相続が発生し、被相続人(お亡くなりになられた方)に財産よりも借金などが多いような場合は相続放棄を検討する必要があります。相続放棄をすると財産も承継できなくなりますが、借金などの負債も一切承継しなくて済むのです。 

 相続放棄は、原則として相続開始後3ヶ月以内に家庭裁判所に相続放棄を申立てなければなりません。3ヶ月を過ぎると自動的に相続をしたものとみなされてしまいます。なお、相続財産の調査に時間がかかる場合などは、例外的に家庭裁判所に3ヶ月の期限の延長請求をすることも可能です。 


 相続放棄をするかしないかは大変重要で、それにより人生が大きく変わってしまうこともあり得ます。のんびりしていると3ヶ月はあっという間に過ぎてしまいます。相続放棄を思い立った場合は、今すぐにご相談ください。 

 相続放棄費用はこちら

 

また、もし相続から3ヶ月以上たってしまっている場合でも、あきらめないで下さい。相続放棄が認められる場合があります。(「3ヶ月経過後の相続放棄」参照) 

相続放棄を選択すべき場合

 相続放棄とはお亡くなりになった方の財産を相続をする権利を一切放棄してしまう手続きです。相続放棄を選択すべき場合には、下記のようなケースが考えらます。

1.プラス財産に比べて、マイナス財産が明らかに多い場合 

 相被相続人の相続人になると、被相続人のプラス財産(現金、預金、不動産など)だけでなく、マイナス財産(借金)もすべて承継することになります。プラス財産に比べて、マイナス財産が明らかに多い場合に相続してしまうと、マイナス財産からプラス財産を除いた金額の借金を負ってしまうことになります。このような場合には相続放棄を検討されると良いと思われます。相続放棄を選択される一番多いケースです。

2.相続争いや面倒な相続手続きに巻き込まれたくない場合 

 相続手続きをするためには、どの財産を誰が相続するかを話し合う遺産分割協議を行ったり、相続権のある者同士で連絡をとりあったりする必要が生じてきま す。被相続人やその親族と長い間疎遠になっていて、いまさら財産のことをめぐって話し合うことが煩わしい場合や、相続をめぐる骨肉の争いに巻き込まれたく ない場合などに相続放棄を選択するという方法もあります。 

相続放棄の注意点

1.相続争いや面倒な相続手続きに巻き込まれたくない場合 

 例えば、被相続人である父親が債務超過のため、子が全員相続放棄をするようなケースでは、子の代わりに被相続人の両親(放棄した子から見ると祖父母)が相続人になります。 

被相続人の両親が既に亡くなっている場合は、被相続人の兄弟姉妹(放棄した子から見ると叔父、叔母)が相続人となります。 

 また、被相続人の兄弟姉妹が亡くなっている場合はその子(放棄した子から見ると従兄弟)が相続人になるといったように親族に次々と影響を及ぼす可能性があるのです。 

 上記のように、自分以外の親族に債務が及ぶ可能性がある場合は、相続人となった親族全員で相続放棄を行うなどの対策を十分考えましょう。 

2.財産と借金のどちらが多いかわからない場合  

 財産と借金のどちらが多いのか判断に迷う場合もあります。この場合には限定承認という制度を利用することもできます。
限定承認とは、財産の範囲内でのみ借金を弁済すればよいという手続きです。例えば、後日多額の借金が見つかったとしても、相続した財産で弁済できない範囲の借金については負わなくて済むのです。また、万一多額の財産が後に見つかれば、借金を弁済さえすれば、その財産を取得できるのです。 

 限定承認のデメリットは、申し立て手続きが相続の承認や放棄に比べ複雑なことです。また、法定相続人全員の同意が必要となります。

3.相続放棄は1回キリのチャンス

 相続放棄のために家庭裁判所に提出する書類自体は、さほど難しいものではないため、複雑な相続関係でなければ、ご自身で相続放棄の手続を行うことも十分可能だと思われます。ただし、相続放棄は一発勝負であり、失敗が許されないシビアな手続です。また、多額の借金がある場合、万が一相続放棄を失敗してしまうと大変な事態になってしまいます。 

 確実に相続放棄を行いたいのであれば、法律の専門家である司法書士や弁護士にご依頼をすることをお勧めいたします。 

お問い合わせ

お気軽にお問い合わせ下さい。

お電話でのお問合せはこちら

045-662-0828

受付時間:月〜金曜日 9:00-18:00

なお、平日18時以降・土曜日もご相談を受け付けております。

横浜で相続放棄などの相続相談なら播司法書士事務所へ。

司法書士が親切にわかりやすく相続相談を行います。

横浜の司法書士・播司法書士事務所では、相続相談を行っております。相続破棄など慣れない手続きも法の専門家が分かりやすく対応いたします。当事務所では初回相談無料となっておりますのでお気軽にお問い合わせください。